ストレスとメンタルヘルス⑤今すぐストレスチェック!「職業性ストレス簡易調査票」を使ってみよう

前回の記事はこちら↓
ストレスとメンタルヘルス④健康管理は“義務”!いつもと違う自分に気づこう

ストレスには、身体症状のように自分で気づきやすいものと、心理的な症状のように自分では気づきにくいものがあります。

客観的にストレスを把握できるチェックツールを使い、定期的に自分のストレス状態をチェックすることも大切です。

ツールにはさまざまなものがありますが、働いている人のストレスチェックなら厚生労働省の「職業性ストレス簡易調査票」がおススメです。
「5分でできる職場のストレスチェック」という名前で、WEBサイトから簡単に診断できるツールにもなっています。

ストレスチェックはこちらからどうぞ↓
参考 5分でできる職場のストレスチェック厚生労働省

「職業性ストレス簡易調査票」とは

  1. だれでも使用可能
  2. 簡単な質問に答えるだけ。5分でセルフチェックができる
  3. どんな業種・職種の人でも使えて信頼性が高い
  4. 「ストレス要因」「ストレス反応」「修飾要因」を同時にチェックできる
  5. 活用する際の注意点

1 だれでも使用可能

このチェックツールは、厚生労働省のホームページに公開されており、だれでも使用することができます。

2 簡単な質問に答えるだけ。5分でセルフチェックができる

質問項目は57項目。質問に対し、4つの選択肢からあてはまるものを選ぶだけ。数分で簡単に回答できます。

3 どんな業種・職種の人でも使えて信頼性が高い

業種や職種を問わずに使うことができるので、職場への導入もしやすいです。なお、職場で従業員にチェックを実施する際は、従業員の同意を得ることが必要です。

4 「ストレス要因」「ストレス反応」「修飾要因」を同時にチェックできる

非常にシンプルなツールでありながら、ストレス要因(仕事の量・質、身体的負担、対人関係、職場環境、仕事の適性度など)、ストレス反応(イライラ感、疲労、不安など)、修飾要因(上司や同僚、家族などからのサポート、仕事や生活の満足度など)の3つの軸から同時に評価できます。
結果は、チャートとコメントで見れるほか、印刷やPDF保存もできます。

5 活用する際の注意点

以上のように、「職業性ストレス簡易調査票」は使い勝手の良いツールですが、注意点もあります。

  • あくまで「職業性」のストレスチェックツールなので、家庭生活などの仕事以外のストレス要因については測定できない
  • 回答者の性格・パーソナリティは考慮されない
  • チェック時点のストレス状況しか把握できないので、実施のタイミングに結果が左右される
  • 調査結果が常に正確とは限らない
  • 精神疾患を診断するものではない

あくまで自分の状態を把握するめやす参考資料として利用し、結果に心配なことがあるときは、相談機関などに相談してみましょう。

参考 5分でできる職場のストレスチェック厚生労働省

こちらの記事もどうぞ

ストレスとメンタルヘルス④健康管理は“義務”!いつもと違う自分に気づこう ストレスとメンタルヘルス③ストレスの予防 ストレスとメンタルヘルス①「ストレス」の基礎知識