生活保護の基礎知識①生活保護ってどんな制度?

生活保護ってどんな制度?

生活保護とは、困窮する人に対し国が健康で文化的な最低限度の生活を保障する制度です。

憲法25条第1項
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する

“困窮する”ってどういう状態?

収入や財産が少なく、家族や親族の援助が受けられないまたは少なく、生活が苦しい状態を指します。

困窮する原因には、①高齢になり収入がなくなった、②病気やケガによる障害で収入がなくなった、③生計を維持していた家族が亡くなった などがあります。
日本ではこういった事態に備えて、老齢年金、障害年金、遺族年金、ひとり親家庭に支給される児童扶養手当などの制度があります。
しかし、年金制度に入っていなかった場合や、年金額だけでは生活できない場合もあります。
そういったとき、最後のセーフティーネット(安全網)として生活保護によって不足分を保障してもらえるのです。

生活保護の仕組み

世帯全体の収入が、国の決める最低生活費を下回ると、その差額分を生活保護費で補います。

(1)保護を受けられる場合
国の決める最低生活費>世帯全体の収入 のとき
最低生活費-世帯全体の収入=生活保護費 となります。
(2)保護を受けられない場合
国の決める最低生活費≦世帯全体の収入 のとき

年金や児童扶養手当などをもらっている場合は、それらも収入とみなします。

最低生活費っていくらぐらいなの?

住んでいる地域、世帯の人数、年齢などによって変わります。
障害者や妊婦、小さな子どもがいる世帯には加算がつきます。
計算方法は厚生労働省のホームページに載っているほか、自動で計算できるツールを配布しているサイトもあるので、探してみてください。
参考 最低生活費の算出方法厚生労働省

働いていても、保護を受けられるの?

働いている場合でも、世帯全体の収入が最低生活費を下回る場合は、保護を受けることができます。

”世帯”って?

生活保護は、個人単位ではなく世帯単位で認定し、支給されます。
同一の住居に住み、生計をともにしている人は、同一世帯とみなされます。

申請の方法は?

生活保護の申請は、住んでいる市町村の福祉事務所でおこないます。

  • STEP.1
    申請用紙をもらう
    福祉事務所で生活保護の申請用紙をもらいます。
  • STEP.2
    申請書を提出する
    申請用紙に必要事項を記入し、提出します。
  • STEP.3
    調査
    福祉事務所の職員が、申請者が保護の要件に該当するか(資産、収入、扶養の可否など)を調査します。
  • STEP.4
    認定または却下
    申請から14日以内に決定されます。認定された場合は、申請日にさかのぼって保護費が支給されます。

年齢が若くても、申請できるの?

年齢に関わらず、生活に困窮している場合は誰でも申請することができます。

窓口で職員が申請書を渡してくれない・受理してくれない場合は?

申請書は誰でももらいに行く権利、提出する権利があるので、断るのは違法です。
申請書をもらえない場合は、インターネットからダウンロードする方法や、手書きで必要事項を書いた申請書を作成する方法もあります。
(必要事項を記入してあれば、申請書は手書きでも有効です)