職業訓練体験記⑧簿記だけじゃない!総務実務やパソコン実習の授業も

前回の記事はこちら↓
職業訓練体験記⑦日商簿記3級と2級の学習内容・レベルは?

訓練に行きたかったいちばんの理由

職業訓練では、簿記の授業のほかにもさまざまな授業がありました。

私にとって特に魅力的だったのは、総務実務やパソコン実習などの授業です。

簿記も確かに学びたかったことのひとつですが、簿記の授業そのものはどちらかというと“検定に合格するため”の内容。

会社で仕事をすることを想定したものではありません。

それに比べ、総務実務やパソコン実習の授業は、“実務を想定した”内容になっています。

つまり、「経理・総務担当として就職したらこういう仕事をやるんだろうな」ということをイメージできるのです。

それまで経理・総務を担当したことのなかった私は、経験や知識がないことが就職活動での自信のなさとなっていました。

実践的な授業を受けられることが、私が職業訓練に行きたいと思った最大の理由です。

どんなことを学ぶの?~総務実務編~

経理実務書類作成

給与計算や社会保険関係の手続き、年末調整など業務全体のスケジュールや仕組み、日々の経理実務や書類作成の方法を学びました。

社会保険書類作成

医療保険、年金、介護保険などの仕組みや支払金額の計算方法、書類の作成について学びました。

労働保険書類作成

労災や雇用保険の仕組みや支払金額の計算方法、書類の作成について学びました。

給与計算・年末調整

給与計算の方法や給与明細の読み方、年末調整の書類作成方法などを学びました。

どんなことを学ぶの?~パソコン実習編~

パソコンを業務で使うための基礎知識

パソコンを長時間使うと、肩こりや目の疲れなど身体に負担がかかります。

長く安全に働くために職場の環境を整えたり、適度に休憩を取ることの必要性を学びました。

そのほか、ウイルスへの感染情報漏えいのリスク、メールの使い方なども学びました。

前の職場でも学んだことのあるものが多かったですが、気が緩むと長時間パソコンに向かいっぱなしになったり、「ちょっとくらい、いいか」とセキュリティ意識が低くなったりしてしまうので、何年かに一度は研修を受けて確認しておきたいものです。

Word文書作成

Microsoftのoffice Wordで文書を作る練習をしました。

イベントのチラシなどを作って、フォント(文字)を見やすくしたり図表を入れたりする方法を学びました。

タイピングの速度チェックや、グループワーク、テストもありました。

Excel資料作成

Microsoftのoffice Excelで資料を作る練習をしました。

販売データを入力して表やグラフを作成したり、関数を使ってデータを集計する方法を学びました。

こちらも、グループワークやテストがありました。

会計ソフト演習

会計ソフトを使い、支出や収入のデータを入力し、決算書類を完成させる練習をしました。

ソフトの入力には、簿記の基礎知識が必要です。

簿記の授業で学んだことが、実務においてどのように役立つかわかりました。

実践的に学ぶと、「向き・不向き」も見えてくる

総務実務や会計ソフトの操作は、地味で単調な作業が多いです。

何より、お金に関わることがほとんどなので、1円単位まで細かく正確に数字を合わせる几帳面さが必要です。

一緒に訓練を受けていた人たちの中には、「楽しい!」と言って笑顔で作業に取り組んでいる人もいれば、「これは私には向いてないや・・」とうんざりした表情になっている人もいました。

実践的な授業を受けてみたからこそ、職場で仕事をしている自分をイメージし、「自分に向いている仕事か」「職場に貢献し、長く続けられそうか」という“向き・不向き”を見極めることができたのだと思います。