社会人大学生になる③勉強に使っているアイテム

前回の記事はこちら↓
社会人大学生になる②履修科目を決める

放送大学は通信制なので、授業は印刷教材(テキスト)+放送授業(インターネット動画)で受講している。

勉強するときに使っているものは、

1.ノートPC
2.Bluetoothスピーカー
3.スマートフォン
4.ワイヤレスイヤホン
5.ブックカバー
6.フリクションペン

どれも元々持っていたものだけど、使いやすくて気に入っている。仕事道具もそうだけど、使いやすいお気に入りのものがあると、やる気や効率も上がる(気がする)。

家ではノートPC+Bluetoothスピーカー

家で放送授業を受けるときは、ノートPCで講義動画を流し、Bluetoothスピーカーから音を出している。

ノートPCは3年ほど前に買ったVAIOの13インチ。薄くてバッグに入れてもかさばらないのと、キーボードのデザインや打ったときの音の高級感が気に入っている。

ノートPCを選ぶときに迷うのがサイズなんだけど、私は13インチ前後が大きすぎず小さすぎずでちょうどいいと感じる。

BluetoothスピーカーはBOSE。PC本体から音を出すより断然音質が良い。充電式で持ち運びもできて便利。

デザインも好き。Bluetoothだから、もちろんスマートフォンやタブレットとも接続して使える。勉強以外でもスマホで音楽を聴いたり、タブレットで映画を観たりしている。

外ではスマートフォン+ワイヤレスイヤホン

家だけではなく、外出先で勉強するときもある。外ではパソコンの代わりにスマートフォン、スピーカーの代わりにワイヤレスイヤホンを使っている。

スマートフォンはiPhone。これに放送大学のアプリをインストールしている。アプリはiPhone版のほかにアンドロイド版もあるみたいなので、対応している機種ならどれでもいいと思う。

ワイヤレスイヤホンは、こちらのものを使っている。ワイヤレス、Bluetooth機能あり、ノイズキャンセリング機能ありのものを選んだ。最近はAirPodsのように左右のイヤホンがそれぞれコロンと独立しているものが多い。私も前はそのタイプを使ったこともあるのだけど、落としやすくてなくしそうなので、繋がっているタイプのものに変えた。これなら首にかけられるので落としにくい。

ノイズキャンセリング機能を使うと、周囲がちょっとざわざわしたり音楽が流れたりしていても、問題なく放送授業を聴ける。カフェやジムで勉強するときは、必ず持っていくアイテム。

テキストにはブックカバーとフリクションペン

家でも外でも、放送授業を聴くときは印刷教材(テキスト)も同時に読んでいる。ペンはフリクションの3色ボールペン。テキストを読みながら大事なところに赤でアンダーラインを引く。書き込みは黒や青を使う。ちなみにノートは使っていない。書くために時間や労力を使うのが面倒だし、書いてもまず読み返すことはないので。

それから、テキストにはカバーをかけている。ブックカバーはユナイテッドビーズというところのものを使っている。色やサイズが豊富にあるので、文庫サイズや新書サイズなどいろいろなタイプをたくさん持っている。

放送大学のテキストに限らず、普段から本を読むときはカバーをかけて使っている。本が汚れたりよれたりするのを防げるし、この商品はしおり用の紐がついていて使いやすい。ただ、どうやらこの商品はもう生産していないらしく、今は手に入りにくくなったのが残念。

シンプルで持ち運びやすいもの、普段から持ち歩いているもの、使いたいときにさっと使えるものを用意しておくと、勉強に取りかかりやすくなると思う。