12月の振り返りと1月の目標

12月の振り返り

目標

TOEIC100点UP

2回目のTOEICを受検した。結果がまだ届いていないので、目標が達成できたかはわからない。手応えとしては、前回よりはリスニングもリーディングもできたような感触だが、まだまだ伸ばさなければという感じ。

放送大学の復習

1月に単位認定試験があるので、授業の復習を始めた。復習では、心理学という学問がどのように発展し、細分化したり応用されたりしてきたのかという視点でテキストを読み返している。こうすると、より頭の中が整理されていくような気がするし、面白い。

復習ノートも続けていこうと思う。
【復習ノート】心理学概論(1)心理学とは

ほか

1年の振り返りをし、2020年のスケジュール帳を買った。オンラインコーチングを受けて、今後の中長期的な目標と達成までの行動を整理した。

2019年は、生活環境や日々の習慣を変えることに軸を置いていた。2020年は、もう少し先まで見て、あきらめずに努力を積み重ねていきたい。

読んだ本

ファーストラヴ(島本理生)
2021年に北川景子さん主演で実写化されるというニュースを知り、読んでみた。
虐待、自傷、トラウマといった重いテーマが詰まっているが、複雑に絡まったものをほどき、過去を過去にする過程が、生々しくも細やかに描かれていて、引き込まれた。
自分の気持ちに気づけなくて吐き出すことのできない苦しさは、以前はおそらく全然わかっていなかったが、今なら少しわかる気がする。

爆速パソコン仕事術(岡田充弘)
職場のパソコンのフォルダ整理をやらないといけないなあと思い、参考になりそうな本を探していたところ、本屋で見つけて購入。

フォルダの分類の仕方や名前の付け方など、ヒントになることがいくつかあった。ほかにはショートカットキーをもっと覚えようと思った。

たった1日で即戦力になるExcelの教科書(吉田拳)
パソコンのフォルダ整理やショートカット技に加え、Excelの使い方も見直そうと思い、読んだ。

2014年の本なので発売から5年ほど経っているが、今読んでも役立つと思えるヒントが多かった。機能や関数を並べただけのExcel辞典より、ずっと実践的でわかりやすい。Excel本はこれまでにもいろいろ読んだが、これがベストかも。

観た映画

カツベン!(2019)
12月に観れたのはこの1本だけ。昔、映画が無声だった時代に活躍した活動弁士を描いたストーリー。

公開されたばかりの時期に観に行ったのに、あまりお客さんがいなかったのが意外だった。内容はコメディ要素満載で笑えたし、主人公の天才弁士を演じた成田凌の声や語りっぷりは素晴らしかったと思う。

1月の目標

放送大学の単位認定試験で全科目単位取得する

1月は放送大学の単位認定試験がある。単位認定の有無が決まる大切な試験なので、ちゃんと準備して全科目の単位を取りたい。

毎朝1時間、勉強の時間を取る

TOEICが終わった頃から、朝早く起きることにチャレンジしている。

いつもより1時間早く起きて、温かい飲み物を飲みながら本を読んだり勉強したりしている。

1日の初めに自分だけのゆったりした時間を取ると、頭がすっきりして、仕事へのモチベーションも高まる気がする。

正月ボケに負けず、この習慣を続けて新鮮な気持ちで毎日をスタートさせたい。